ごんべ ごんべ友の会 シネシネ団
シネシネ団へ
TeaBags
TeaBagsへ
WhiteBelt
WhiteBeltへ
トップページ > シネシネ団 > シネシネ団(お勧め) > シネシネ団(アニメ) ・サイトマップ
シネシネ団(お勧め作品・アニメ)
最近見た映画 検 索 お勧め お得情報 更新履歴

●お勧め

●アニメ編

●怪奇編

●SF映画編

『うる星やつら2・ビューティフル・ドリーマー』(1984・日)
 監督 押井守  声の出演 平野文、古川登志夫、神谷明、千葉繁、藤岡琢也
 前半部の展開がシュールな感覚でいい。うつろいゆく時への思いが胸を熱くしてくれる。このシリーズ中、もっとも叙情的な作品。

『風の谷のナウシカ』(1984・日)
 監督 宮崎駿  声の出演 島本須美、納谷悟朗、家弓家正、榊原良子
 すっかり有名になった宮崎駿の劇場版アニメ第一作目。ラストで再生への期待を暗示するところが、『もののけ姫』よりも甘いと言えるが、それが希望なのです。

『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994・日)
 監督 高畑勲  声の出演 野々村真、石田ゆり子
 自然のすみかを奪われ、やがて人間社会へと同化していく狸たち。せつない物語のはずだが、笑いを失わないところがいい。手塚治虫のまんが「マンションOBA」とちょっと似た雰囲気の物語。

『火垂るの墓』(1988・日)
 監督 高畑勲
 これは、何度見ても泣いてしまう。今なら、非人道的と非難される無差別攻撃がまだ堂々と行なわれていた頃の物語。関西弁がわかる者は、3倍泣けます。

『わんぱく王子の大蛇退治』
 監督
 東映がまだ劇場用長編まんが映画をつくっていた頃の名作。日本のヒロイック・ファンタジー映画の傑作。

『美女と野獣』(1992・米)
 監督ゲイリー・トゥルーデイル、カーク・ワイズ  声の出演ペイジ・オハラ、ロビー・ベンソン
 CGを普通のアニメに取り入れた第一作目になると思う。物語もディズニーらしいあほくさい筋立てが目立たなくていい。

『ドラえもん』
 声の出演 大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、肝付兼太、たてかべ和也
『のび太の宇宙開拓史』(1981・日)
 監督 西牧秀夫
『のび太の大魔境』(1982・日)
 監督 西牧秀夫
『のび太の宇宙小戦争』(1985・日)
 監督 芝山努
『のび太と鉄人兵団』(1986・日)
 監督 芝山努
『のび太のドラビアンナイト』(1991・日)
 監督 芝山努
『のび太と夢幻三剣士』(1994・日)
 監督 芝山努
『のび太のねじ巻き都市冒険記』(1997・日)
 監督 芝山努
 シリーズの中では、これらの作品が未知との遭遇もの、冒険物語としてよくできている。年代を追って見ていくと、その時々の世の中が見えてくる。そういう見方も楽しいかもしれない。

製 作:ごんべ友の会 (copyright © 1997.12.28. ごんべ友の会)